移転
本日よりSeeSaaに移転。

ついでに、タイトルも「T-Style」に変更してみた。
http://t-field.seesaa.net/

今後ともよろしくお願いします。

-----

エキサイトBlog自体は、使い勝手も悪くないと思うのだが、
OPERAとの相性もあまり良くなかった事もあり
しばらく前から移転を考えていたのだが、
エキサイト自体に記事のエクスポート機能が無いため、
何となくためらいを感じていた。

しかし、最近、エキサイトからの移転ツールを見つけたため、
この際なので思い切って移転を決定したという次第。
[PR]
# by climberkitune | 2006-06-02 20:45 | Daily
メンフィス・ベル
ラジオで少し触れていて思い出したのだが、
今日5/17は第二次世界大戦中の1943年に、第8空軍のB-17爆撃機
「メンフィス・ベル」のクルーが25回目の任務を達成した日だった。

このエピソードに基づいた1990年の映画『メンフィスベル』は
私の好きな映画の一本で、何度見ても感動している。
その構成も戦争映画というよりは爽やかな青春映画というべきもので、
美化しすぎという批判があるものの、まずは誰にもオススメできる作品だと思う。

と、これだけ書くとほとんどの人にとって意味不明だと思うので、
少し時代背景を書いておく。

このエピソードの背景は・・・
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-17 00:00 | Daily
チャ
ちゃ【茶】
d0052538_22481810.gif
1.ツバキ科の常緑低木。中国南西部の温・熱帯原産。
葉は楕円形で厚く表面に光沢があり、10月ごろ葉腋に白花を開く。
果実は扁円形で開花の翌秋に成熟し、通常3個の種子がある。

2.茶の嫩葉(わかば)を採取して製した飲料。
嫩葉を蒸して冷却し、さらに炒って製する。
嫩葉採取の時期は4月頃に始まるが、その遅速によって
一番茶・二番茶・三番茶の別がある。

湯を注いで用いるのを煎茶といい、
粉にして湯に混ぜて用いるのを抹茶または碾茶(ひきちゃ)という。
なお、広義には焙じ茶・ウーロン茶・マテ茶などの総称。

3.抹茶を立てること。

4.茶色の略。

5.いいかげんな事をいう事。

広辞苑第五版より
-----

煎茶の作り方については、前の記事を参照
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-15 22:52 | Natural Histry
茶摘
八十八夜はとっくに過ぎたが、
数年前に畑の脇に種を蒔いた茶が程よく成長してきたので、
新芽を摘んで緑茶を作ってみた。

d0052538_18265475.gif

今回は茶の新芽うち、先端の尖った部分と葉2枚分だけを摘み取る。
要するに新芽のうちの一番良いところだけを収穫する方法で、
これを一芯二葉といって高級茶の材料にするときと同じ摘み方。

d0052538_18275086.gif

摘み取った茶葉。

d0052538_18301180.gif

これを蒸気で5分ほど蒸す。
蓋をしないで湯気に当てるだけの感じで良いらしい。
この時点でしおれて、量が半分近くになる。

d0052538_1832877.gif

蒸しあがった茶葉の水気をできるだけキッチンペーパーに吸わせてから、
手のひらですり合わせるようにして揉む。
茶葉が冷めてきたらフライパンにキッチンペーパーを敷き、
焦げない程度に軽く加熱してから手揉みにする。
これを繰り返すうちに、茶葉は細長く丸くなると同時に、水気がなくなっていく。

最後はフライパンの余熱で完全に乾燥させる。
乾燥しきらない場合には、フライパンをいったん火にかけて温めるが、
火にかけたままにすると焦げてしまうので、温まったら再び火から下ろすようにする。

できた緑茶は、色はやや薄いが生臭さがなく、予想以上に良い出来だった。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-15 18:43 | Natural Histry
映画・ピンクパンサー
d0052538_20315994.jpg期待していた映画『ピンクパンサー』を観てきた。

思ったほどジョークの密度は濃くなかったのだが、
個々のネタは十分にツボにはまった。

当初は「や、やばい。笑いが止まんねーよ」という濃度を期待していたのだが、
さすがにストーリーをまとめるためもあって、
笑いっぱなしというわけには行かなかったのだろう。

とは言っても、お約束満載で
「こっ、これは何かしでかすぞ」
という感じの前振りに続いて
キッチリと笑いを誘うようになっていて、
「次は何をするんだろう」
という期待を持って見ることができた。

ただ、残念ながら英語の台詞ではなく字幕でしか会話を理解できなかったので、
ユーモア溢れる言い回しを受け止める事が出来なかったのではないかと思う。

そこで、ここは是非、旧作の時のような名吹き替えで改めて観てみたいと思う。
やるんだったらクルーゾー警部の一人称は、やはりお約束の「我輩」で・・・。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-14 20:38 | Daily
割り箸をめぐる諸問題など・・・その3
そういえば、
「割り箸を生産するために、東南アジアの貴重な熱帯林が消えています!」
とかいう意見をよく聞いたが、あまり熱帯産材の割り箸は見た記憶がない。
中国産のヤナギ科とかが原料のものはよく見かけていたのだが。
ありがちな、思い込みや事実誤認に基づく感情的な環境保護論は
有害無益を絵に描いたようなものだ。

東南アジアの貴重な森林資源は割り箸にするよりも、
製材して建材などにしたほうが高く売れるんじゃないかと思う。
少なくとも、近年ではほとんどの国が資源の保護と、国内産業の活性化のために
丸太の輸出を禁止して、加工品を輸出するようになっている。
そんな国々が、折角の丸太からわざわざ割り箸を生産するとも思えないのだが・・・。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-12 23:07 | Thinking
行動指針となる論理
何かをする時、物事を判断する時にその遂行や決定の基準となるもの、
精神的な根底にあるものが「情」か「力」か。
近年の世相では「力」のほうがあきらかに優位に立っているような気がする。

以前は、

 「力の論理」で動いてきた西洋的な文化
  と
 「情の論理」で動いてきた日本的な文化

という感じで比較されることが多かったと思うが、
近来は日本でも「情の論理」より「力の論理」が持てはやされているようだ。

どちらの論理が正しいか、あるいは人々をより幸福に、あるいは繁栄させるかということは、
かなり長い時が経た末に、過去の事としてしかその回答を得ることはできないだろう。
たとえば、かつて社会主義や共産主義が持てはやされた時期もあったが、
今ではそれらの思想はあまり受け入れられないものになっているように、
時の流れがその妥当性を浮き立たせてくると思う。

しかし、後の世の人がそれをどう評価するかも大事だが、
それよりも今の世の人がそれをどう評価するかという事も重要だろう。

-----

書き溜めてストックしてある記事候補の中に、こんなネタがあったのだが、
最近ベストセラーになっている『国家の品格』という本でもこんな事をいっているらしい。

もう少し推敲して肉厚な内容にすれば私もベストセラー作家になれたかもしれない?
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-11 20:09 | Thinking
割り箸をめぐる諸問題など・・・その2
最近はあまり耳にしなくなったが、
割り箸の代わりにプラスチックの箸を持ち歩く事で
資源保護をしよう、と主張している人たちがいた。
割り箸は使い捨て、プラスチックの箸は半永久的に使えるという事らしい。

なんともナンセンスで、目先の事しか見ていない無能なアイデアとしか言いようがない。
割り箸の材料、木材は木を植えれば育てる事ができる無限の資源。
プラスチックの材料、石油は有限の資源。
そんな事も判らない程度の資源保護運動なんか消えてなくなれ!

・・・と思っていたのだが、やはり長続きしなかったようで、
気づけば、箸を持ち歩く人はほとんど見かけなくなった。
貴重な石油資源を保護するためにプラスチック箸の普及を抑えたのではなく、
流行が廃れただけと思って間違いないだろう。
所詮その程度の意識の運動だっだと思う。

って、それ以前に、何で安っぽいプラスチックの箸なんだろう。
なぜ普通に塗り箸を使おうとしなかったが不思議でならない。

-----

ところで、プラスチックの箸の携行を推奨していた皆さん。
当時使ってたプラスチックの箸、まさか捨ててないよな?
当然、今でも大事に使ってるよな?
割り箸と違って、プラスチックの箸は半永久的に使えるんでしょ?
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-10 08:28 | Thinking
割り箸をめぐる諸問題など・・・その1
日本で使われている割り箸のほとんどを輸出している中国が
割り箸の生産制限をはじめたようだ。
(参考記事はこちら)

別に今更騒ぎ立てるまでもなく、こうなる事は十分に予測できたはずなのに
危機意識がないのか、それとも本当に無知な人が多いのか、
相変わらず土壇場になってから騒ぎ出しているのが何とも情けない。

ちなみに、国産の割り箸を作っていた工場もあるにはあったのだが、
安価な中国産との競合に負けて、今では生産していないところが多い。
国産の産業を保護しないで、安いほうへ安いほうへと流されている日本の現状が
こんな形で表れたと思って間違いないだろうが、
今回は割り箸程度のもので本当によかったと思う。

これが、食糧とか工業原料だったら目も当てられなかったはずだ。

たとえば食品関係については、中国辺りが
「今後日本向けの輸出を一切禁止する」
とか言い出したら、かなり深刻な事態になるのではないかと思うのだが。

食糧にしても工業原料にしても、一見すると平和的な物資と思えるかもしれないが、
使い方によっては貿易や経済戦略の重要な武器であることを忘れてはいけない。
今の日本国は外国からの資源が絶たれたら、
全ての状況において危機的な状況に陥ることは疑う余地はない。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-09 17:40 | Thinking
ビレイ技術考(2)
このような事を考えたということもあって、
思い立って、自分のわかる範囲でビレイ技術について書きまとめてみた。

これは、最近ビレイ技術について思う事が度々あったため、
一度自分なりの考えをまとめた上で、これをたたき台にして意見交換をして、
「出来るだけ安全なビレイ」を追求してみたいと思ったからだ。

それもあって今回は書き上げるにあたって、
改めて出版物やWebサイトを参照しないで、
あくまでも自分の頭に納まっている事項だけを書き出してみた。
そのため、これも一つの「自己流ビレイ技術」なのだが、
これに関しても多くの人から意見を聞いてみたいと思った。

これまでに何冊ものクライミング教本が出版されているが、
そのどれもがビレイ技術については、非常に簡潔にまとめてあるだけで
細かい部分に関してはほとんど言及されていない。
しかし、実際にまとめてみるとA4用紙10枚近くに及ぶものができあがった。
これまでの出版物が簡潔すぎたのか、
それとも今回まとめた内容がしつこすぎるのかは今のところわからないが、
とりあえずは、こういうことに興味のある人に目を通してもらって、
意見を聞きたいと思う。

『基礎ビレイ技術-暫定版』のダウンロードはこちらから
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-08 21:05



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30