カタクリ


d0052538_018423.gif

あれ?と思うところにカタクリが咲いていた。

-----
かた-くり【片栗】
ユリ科の多年草。山野に自生。
早春に二葉を出す。葉は厚くて淡緑色、表面に紫斑がある。
春早く、長い花柄を出し、紅紫色六弁の美花を開く。
花被片は外曲反転し、下向きに咲く。
地下茎は多肉・白色棍棒状で、澱粉を蓄える。
カタコ。古名、かたかご。

広辞苑第5版より
-----

ちなみに、市販の片栗粉というのはジャガイモの澱粉。

カタクリの種子をアリが食物として巣に持ち運んで、
食べ忘れたものが発芽して広まっていくという説がある。
鳥のフンによって運ばれる種子と比べると、
なんともノンビリした繁殖方法だ。

近年では乱獲が進んで、非常に貴重な植物になっている。
貴重な山野草は自生するままに任せておけばいいものを、
自分の手元に飾るために掘る人がいる。

そんなエゴイストが持ち帰った花を
本当に大事にできるとは思えない。
何もかも自分だけの為に蒐集したがる人は、
植物愛好家などではなく植物虐待家だ。
[PR]
by climberkitune | 2005-04-15 00:00 | Natural Histry
<< 郡上八幡ボルダー しだれ桜 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30