ふと思い出したこと【3】
学生の頃、学校祭の企画などをする学科内のグループで、スキー旅行に行った時。

当然のように、夜は大いに酒を飲む宴になっていて、
お約束のように一人、二人と轟沈していく中、
とある男が、トイレから戻ってきて部屋に入るなり
何かにつまづいて転び、そのまま起き上がらなくなった。
みんなが起こそうとすると、「大丈夫っ」彼はうつろな声で呟いた。

「大丈夫。大丈夫っすよ。俺はガンダムGP-03ですから」
どうやら、彼の心ははるか宇宙(そら)へカタパルト発進していったようだ。

以降、彼のあだ名は、"ガンダム"あるいは"デンドロビウム"になった。
[PR]
by Climberkitune | 2005-08-04 18:03 | Old tale
<< T課題 花火 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31