日航機墜落事故~20年目の夏~
東京発伊丹行きの日本航空123便が
群馬県山中に墜落してから、今日で丁度20年となる。

事件から20年というと、人々の記憶が薄れていくのが常だとは思うが、
この事件に関しては、毎年TVで報道される事もあってか、
当時を知っている人は誰もが覚えていて、
当時を知らない人も、そのような事故があった事を知っているようだ。

事故の概要については、ネット上に多数取り上げられているので、
興味があるならは"JAL123"、"日航機墜落事故"、"日航123便"
などのキーワードで検索してみるといいだろう。

どのような経緯で出回ったものかは不明だが、
事故機のボイスレコーダーの記録まで公開されている。
(これが本物かどうか、真偽の程は不明だが)
これを聞くと、最後まで冷静に機体を操っていた操縦士たちの
精神力には驚嘆するしかない。

これは異常発生時から墜落までの間のボイスレコーダーに残っていた通信記録と
その時点での機体の位置をフラッシュで再現したもの。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-12 13:41 | Daily
<< 日航機墜落事故~謎を残したまま~ ジプカプラス >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30