日航機墜落事故~謎を残したまま~
日航123便の墜落事故では、多くの事が謎のままになっていると言われている。

事故の原因は、当時の運輸省(現在の国土交通省)の事故調査委員会の報告によれば、
「疲労による亀裂が発生し、圧力隔壁が破損した」となっているが、
これは原因の真相を隠すための虚偽の報告である、との指摘が
各メディアに上げられている。
もし、圧力隔壁が破損したならば、客室内に急激な減圧が起こっているはずだが、
そのような形跡(ボイスレコーダーや生存者の証言)がないというのである。

また、救助に際しても政府は現場上空に真っ先に辿り付いた
米軍のヘリコプターからの救助を拒否していたり、
事故現場の特定に情報の錯綜があったり、
現場への地上からの救援の到着が異様に遅かったりしている、などの指摘もある。

いろいろな疑問点に明確な回答を出さないままに調査が終了したため、
後に事故の真相についてのさまざまな憶測が生まれてくることになる。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-12 14:13 | Daily
<< 日航機墜落事故~仮説・憶測・妄想?~ 日航機墜落事故~20年目の夏~ >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31