小川山・夏(二日目)
小川山二日目。
今日は、X-wallより初心者を含む日帰り組4人が参加。
それもあって、昨日のトライモードとは一転して半ばレスト日に。

まずは父岩へ。
日帰り組が「小川山ストーリー」(5.9)にトップロープでトライするので、
私はその右隣の「小川山ストリート」(5.9)を登って(オンサイト)
ロープをフィックスして撮影モードに。
その間にKojimax先輩とOily氏が「クはクライマーのク」(5.10c)を登る。
本日外岩でのクライミングデビューのきゅべ嬢がトップロープとはいえ、
「小川山ストーリー」を一撃で登り切ったのに一同ビックリ。

次いで母岩へ。
事前にトポを見て「登攀の全てデラックス」(5.10c)にトライするつもりでいたが、
半端じゃない濡れっぷりと自然豊かな苔のフェースを見て一気に気持ちが萎える。
気を取り直して「パンピー」(5.10c)にトライしてフラッシュ。
日帰り組はスラブ3本にトライ。
Kojimax先輩は大地に身を預けて大レスト。

夕方に日帰り組を見送ったあと、またボルダーへ。
今日はビクター。今日もまたボルダーに付き合ってくれた2人に感謝。
「コンケーブ」(3級)を数トライで完登。(4トライくらいだったかな?)
かなり得意系だったこともあり、アッサリ登れた。
「ビクター」(1級)は、まだまだ登れる手応えを感じなかった。
「三日月ハング」(1級)も数トライしてみるが、まだまだ力不足。
しかしこれは「エイハブ船長」や「ビクター」と比べると、
登れる可能性がかなり高そうだ。
もしかしたら、近いうちにできるかもしれない。

人数が多かったこともあり、あまり本数は登れなかったが、
みんなでワイワイと楽しめた一日だったと思う
d0052538_0575725.jpg

[PR]
by climberkitune | 2005-08-19 00:00 | Climbing
<< 小川山・夏(三日目) 小川山・夏(一日目) >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30