屋根岩2峰 セレクション
屋根岩2峰のダイヤモンドスラブ~南稜ルート上部~オリジナルピッチを
繋いだマルチピッチルート。
各ビレイ点は安定していて、ほぼどこからでも下降できることから
人気の高いルート。

以下は、9/18に登ったときの記録。
使用ギアはあくまでも目安程度のものです。

1P目:クラック(5.8)
 以前はかなりてこずっていた記憶があるのだが、今回は難なく登れる。
 使用ギア・・・キャメロット#2

2P目:スラブ(5.9)
 最高の青空の下で快適に高度を稼ぐ。
 プロテクションも適度にあり、良いピッチだと思う。

3P目:チムニー(5.2?、RCCグレードでⅢ級くらい)
 簡単なチムニーだがフレークに岩が引っ掛かり、ロープの引き揚げに手間取った。
 使用ギア・・・チムニー中のフレークにキャメロットをセット可能

4P目:クラック~スラブ~フレーク~スラブ(5.8)
 変化に富むピッチ。
 フレークを抜けたところの立ち木でピッチを切る事も可能。
 このピッチからごく簡単なルンゼ状を1ピッチでも終了点に行ける。
 使用ギア・・・キャメロット#1、#0.75
 
5P目:トラバース(5.4?、RCCグレードでⅢ~Ⅳ級位)
 ある意味、本ルートのハイライト。アンダークリングでのトラバース。
 プロテクションはキャメロット、エイリアンで充分に取れるのだが、
 そこそこの高度感があり、フォロー泣かせのピッチ。
 出だしが脆いので要注意。
 使用ギア・・・キャメロット#75、#1、エイリアン赤
 
6P目:ワイドクラック
 最後のシメ。クラック直上のラインを選ぶ。
 迂闊にも持ってこなかったキャメロット#3のサイズのワイドクラックだった。
 仕方がないので、微妙に狭いところへ無理矢理に#2を突っ込んで登る。
 ムーブ自体は問題ないのだが、流石に緊張感抜群だった。
 (抜け口にRCCボルトが打ってあると記憶していたので、
  それを頼りにしようと思っていたら、
  キッチリ抜かれていてさらに緊張感倍増だった)
 使用ギア・・・キャメロット#1、#2。注)#3が必要。

終了点は屋根岩2峰の頂上直下。
下降は、徒歩でも懸垂下降でも可能だが、
不安定な枯れ木を支点に使わないように注意。
[PR]
by climberkitune | 2005-09-18 00:01 | Climbing
<< 小川山  The 3rd st... 小川山  The 3rd st... >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31