小川山  The 3rd stage 2nd day
小川山2日目。
この日はマラ岩・妹岩周辺に向かう。

マラ岩基部に着き、ケイブ内を見上げていると、
どこかで聞いた事のある声が。
見ると、世界の平山ユージ氏が現れた。
やはり、小川山は思わぬ人と出合えるようだ。

まずは「川上小唄」(5.8)を登り、
ここでジュン君が初ロープ付きクライミング。
その間、イレギュラー辺りを平山ユージが花崗岩に慣れるためと言いつつ
何度も登っていた。
生まれて初めてのスラブに取り掛かろうとするジュン君に、
「足をきちっと置けば結構滑らないものだから・・・」
と、お約束のアドバイスをすると、隣のルートからユージ氏から
「でも、時々滑るんだよねー」
との一言。思わず、
「えー、滑る時あるんですかー」
と聞くと、
「花崗岩は1年ぶりだからさー」
との事。

などという会話を交わしているうちに、
何とかジュン君が無事に終了点にたどり着く。
外岩デビューおめでとう。

他の人の写真を撮ったりしつつ、次はカサブランカ(5.10a)を登る。
前回よりはスムーズに登れたと思うが、まだまだぎこちない感じがする。
その後は、前日のドライブ疲れもあってか、一休みのつもりが寝入ってしまう。
どうやら、その間にKojimax氏がとうとう「またたび」(5.14a)のRPに成功。
成功の瞬間に居合わせることが出来なかったのが大いに残念・・・。

「ジャックと豆の木」にも挑戦したかったが、
どうも気乗りがしなかったので、代わりに「龍の子太郎」を2P繋いで登ってみた。
これが思ったよりも快適で、40mを一気に登る壮快感はなかなかのものだった。

今回のクライミングはこれにて終了。
いつも通り中央道経由で、諏訪湖S.A.で夕食の後、帰宅。
[PR]
by climberkitune | 2005-09-19 00:00 | Climbing
<< そろそろ書こう 屋根岩2峰 セレクション >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31