瑞浪・屏風山
瑞浪で登るのに丁度良い季節になってきた。
今回のメンバーは、5.14クライマーのKojimax氏、
外クライミング2回目のいづみ嬢、初花崗岩クライミングのハヤカネ夫妻。

時期が時期だけに人が多いと思いきや、
我々5人しかおらず完全に貸し切り状態だったが
今回は、故障も完治していないので軽めの登りにとどめておいた。

以下、今回登ったルートの感想

原住民(5.10b/c?)
ボルトハンガーが工業用のものなので、リードは避けてTRでトライ。
ホールドが欠けたり剥がれたりしていて、以前に登った時より難しく感じた。
エッジングを駆使するフットワークと立ちこみ重視のルート。

ロンパルーム(5.9)
あらゆる意味でスラブ入門用ルート。大きな結晶がたくさんあり、
ちょっと慣れた人には超安定ホールド、不慣れな人には疑惑のホールドになる。
上部で傾斜の緩い部分(ほぼ歩ける)はややランナウトだが、これもスラブらしい。

新人クラック(5.9)
TRでトライ。前回は登れたのだが・・・。
ここを"5.9"で登れるようなジャミング技術を身に付けたいものだ。

アタックNo.1(5.10b)
TRでトライ。思ったより楽に登れた。
ムーブはほぼOKになってきたので、次回はリードしたい。

イブ(5.11c)
TRで10年ぶりに触ってみた。
テンション数回で上まで抜けることができ、RP全く不可能ではないと思ったが、
そのためにプロテクション技術を確実に身に付けたい。

アストロドーム右(5.10a)
左ルートの回収も兼ねて登った。
イケイケのカンテレイバックで楽しい。

-----
薄暗くなるまで登って、みんなで「鳥よし」に行ってケイチャンを食べた。
[PR]
by climberkitune | 2005-11-26 00:00 | Climbing
<< 小春日和 こんなヤツが危ない >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
Links
カテゴリ
Daily
Climbing
Private Wall
Thinking
Natural Histry
Tools
PC Works
Books
Website
Old tale
NETA★
Other
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧