瑞浪・屏風山
瑞浪で登るのに丁度良い季節になってきた。
今回のメンバーは、5.14クライマーのKojimax氏、
外クライミング2回目のいづみ嬢、初花崗岩クライミングのハヤカネ夫妻。

時期が時期だけに人が多いと思いきや、
我々5人しかおらず完全に貸し切り状態だったが
今回は、故障も完治していないので軽めの登りにとどめておいた。

以下、今回登ったルートの感想

原住民(5.10b/c?)
ボルトハンガーが工業用のものなので、リードは避けてTRでトライ。
ホールドが欠けたり剥がれたりしていて、以前に登った時より難しく感じた。
エッジングを駆使するフットワークと立ちこみ重視のルート。

ロンパルーム(5.9)
あらゆる意味でスラブ入門用ルート。大きな結晶がたくさんあり、
ちょっと慣れた人には超安定ホールド、不慣れな人には疑惑のホールドになる。
上部で傾斜の緩い部分(ほぼ歩ける)はややランナウトだが、これもスラブらしい。

新人クラック(5.9)
TRでトライ。前回は登れたのだが・・・。
ここを"5.9"で登れるようなジャミング技術を身に付けたいものだ。

アタックNo.1(5.10b)
TRでトライ。思ったより楽に登れた。
ムーブはほぼOKになってきたので、次回はリードしたい。

イブ(5.11c)
TRで10年ぶりに触ってみた。
テンション数回で上まで抜けることができ、RP全く不可能ではないと思ったが、
そのためにプロテクション技術を確実に身に付けたい。

アストロドーム右(5.10a)
左ルートの回収も兼ねて登った。
イケイケのカンテレイバックで楽しい。

-----
薄暗くなるまで登って、みんなで「鳥よし」に行ってケイチャンを食べた。
[PR]
by climberkitune | 2005-11-26 00:00 | Climbing
<< 小春日和 こんなヤツが危ない >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31