お千代保稲荷
今日こそは瓢の「トリック」を登って・・・と思いきや、あいにくの雨。

寝ていても仕方ないので、平田町にある「お千代保稲荷(おちょぼいなり)」へ行ってきた。
ここは、豊川・伏見と並ぶ、日本三大稲荷の一つで、
ここで祈願すると商売繁盛のご利益があるといわれている。
さすが稲荷神社というべきか、参拝する時のお供え物として、
本殿の前で藁の輪を通した油揚げとロウソクを売っている。

参道沿いにはいろいろな店があるが、特徴的なのが川魚料理と串カツ。
川魚料理は、付近一帯が水郷地帯であることもあり、
あまり他では見かけないナマズの蒲焼やフナの味噌煮などの料理を出す店が多い。
串カツに関しては、どういう由来があるかは知らないが、
一説によると、日本で一番串カツの消費量が多いのはここだといわれている。

屋台で揚げたての串カツを、好みでソースで、
あるいはモツ煮の味噌につける味噌カツにして食べるのだが、
味付けが店によって異なるのが面白い。
3件ほどで食べたが、どの店の串カツも豚肉のみで、タマネギやネギは入っていなかった。
[PR]
by climberkitune | 2006-04-02 00:00 | Daily
<< さて 雪と梅 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31