芹谷屏風岩('06 1st-Stage)

前日まで天気に不安があったものの、朝起きてみるとキッチリ晴れ。
タニシ君と彦根の芹谷屏風岩に向かう。

ここは石灰岩で、傾斜が85~120°、テクニカルなルートが多い感じのエリアらしい。
石灰岩はかなり苦手な岩質で、これまでにもあまり触っていないのだが、
今回は7,8年ぶりに石灰岩のルートにチャレンジすることにした。

GW前半の初日という事もあってか思ったより人が多く、総勢で20人近くいたと思う。
その中には、滋賀の"伝説のクライマー"奥村さんや、広島からの遠征組もいた。

まずは、芹谷の定番ルート「ラ・バンバ(5.11a)」に取り付く。
3本目のクリップポイントを逃してしまい、痛恨のフォール。
オンサイト失敗。2回目のトライでRPに成功。

続いては、「舞姫(5.11a/b)」を目標にする。
先の「ラ・バンバ」からカンテを右に出ていく所でハマり、テンション。
さらに、右に分かれてすぐのところで右に行き過ぎて、
ムーブ、あるいはライン取りが掴めず、大いにハマり戦意喪失。
3ピン目でロワーダウン。
2トライ目は腕もモチベーションも十分に回復していなかったものの、
とにかく上に抜けるか、あるいは回収するかしようと思って気軽に取り付く。
1回目では散々苦労した部分を意外なほどアッサリと通過できたので、
急遽、慎重モードに移行。はた迷惑なほど粘ってRP成功。

私の成果はここまでだが、この日の他の成果。

一つは、タニシ君が見事な集中力と粘りで「デッドライン(5.12c)をRP。
おめでとう。

もう一つは、伝説のクライマー奥村氏が新ルートにトライするのを目撃。(下の写真)
まず、下部は「マシラ(5.12a)」を登って、そのまま上の大ハングのリップの上を
ひたすら左端まで行き、最後に上に抜けるというラインで、
ロワーダウンには70mロープが必要、ロワーダウンすると着地地点は「デッドライン」の
取り付きよりもさらに谷側というとんでもないシロモノ。
5.13ノーマルはあるんじゃないか、といわれていた。
d0052538_13195020.gif

[PR]
by climberkitune | 2006-04-29 00:00 | Climbing
<< 芹谷屏風岩('06 2... 高熱隧道 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31