ビレイ技術考(2)
このような事を考えたということもあって、
思い立って、自分のわかる範囲でビレイ技術について書きまとめてみた。

これは、最近ビレイ技術について思う事が度々あったため、
一度自分なりの考えをまとめた上で、これをたたき台にして意見交換をして、
「出来るだけ安全なビレイ」を追求してみたいと思ったからだ。

それもあって今回は書き上げるにあたって、
改めて出版物やWebサイトを参照しないで、
あくまでも自分の頭に納まっている事項だけを書き出してみた。
そのため、これも一つの「自己流ビレイ技術」なのだが、
これに関しても多くの人から意見を聞いてみたいと思った。

これまでに何冊ものクライミング教本が出版されているが、
そのどれもがビレイ技術については、非常に簡潔にまとめてあるだけで
細かい部分に関してはほとんど言及されていない。
しかし、実際にまとめてみるとA4用紙10枚近くに及ぶものができあがった。
これまでの出版物が簡潔すぎたのか、
それとも今回まとめた内容がしつこすぎるのかは今のところわからないが、
とりあえずは、こういうことに興味のある人に目を通してもらって、
意見を聞きたいと思う。





<ダウンロードにあたっての注意>
1.本資料は暫定版で、内容に関してはその確実性は保証されていません。
  あくまでも参考資料程度のものとの認識で読んでください。
2.1.のような事情もあるため、資料の二次配布はしないでください
3.読み終わった後は、できるだけ感想をお寄せください。

基礎ビレイ技術-暫定版(WORD文書55KB)
[PR]
by climberkitune | 2006-05-08 21:05
<< 割り箸をめぐる諸問題など・・・その1 ビレイ技術考 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31