映画・ピンクパンサー
d0052538_20315994.jpg期待していた映画『ピンクパンサー』を観てきた。

思ったほどジョークの密度は濃くなかったのだが、
個々のネタは十分にツボにはまった。

当初は「や、やばい。笑いが止まんねーよ」という濃度を期待していたのだが、
さすがにストーリーをまとめるためもあって、
笑いっぱなしというわけには行かなかったのだろう。

とは言っても、お約束満載で
「こっ、これは何かしでかすぞ」
という感じの前振りに続いて
キッチリと笑いを誘うようになっていて、
「次は何をするんだろう」
という期待を持って見ることができた。

ただ、残念ながら英語の台詞ではなく字幕でしか会話を理解できなかったので、
ユーモア溢れる言い回しを受け止める事が出来なかったのではないかと思う。

そこで、ここは是非、旧作の時のような名吹き替えで改めて観てみたいと思う。
やるんだったらクルーゾー警部の一人称は、やはりお約束の「我輩」で・・・。
[PR]
by climberkitune | 2006-05-14 20:38 | Daily
<< 茶摘 割り箸をめぐる諸問題など・・・その3 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31