チャ
ちゃ【茶】
d0052538_22481810.gif
1.ツバキ科の常緑低木。中国南西部の温・熱帯原産。
葉は楕円形で厚く表面に光沢があり、10月ごろ葉腋に白花を開く。
果実は扁円形で開花の翌秋に成熟し、通常3個の種子がある。

2.茶の嫩葉(わかば)を採取して製した飲料。
嫩葉を蒸して冷却し、さらに炒って製する。
嫩葉採取の時期は4月頃に始まるが、その遅速によって
一番茶・二番茶・三番茶の別がある。

湯を注いで用いるのを煎茶といい、
粉にして湯に混ぜて用いるのを抹茶または碾茶(ひきちゃ)という。
なお、広義には焙じ茶・ウーロン茶・マテ茶などの総称。

3.抹茶を立てること。

4.茶色の略。

5.いいかげんな事をいう事。

広辞苑第五版より
-----

煎茶の作り方については、前の記事を参照
[PR]
by climberkitune | 2006-05-15 22:52 | Natural Histry
<< メンフィス・ベル 茶摘 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31