メンフィス・ベル
ラジオで少し触れていて思い出したのだが、
今日5/17は第二次世界大戦中の1943年に、第8空軍のB-17爆撃機
「メンフィス・ベル」のクルーが25回目の任務を達成した日だった。

このエピソードに基づいた1990年の映画『メンフィスベル』は
私の好きな映画の一本で、何度見ても感動している。
その構成も戦争映画というよりは爽やかな青春映画というべきもので、
美化しすぎという批判があるものの、まずは誰にもオススメできる作品だと思う。

と、これだけ書くとほとんどの人にとって意味不明だと思うので、
少し時代背景を書いておく。



1943年、ヨーロッパ戦線ではドイツに対する連合国軍の反撃が企てられていた。
その一環として、アメリカ陸軍航空隊はイギリスに基地を構え、
ドイツの主要な軍事工場を爆撃し、ドイツ軍の戦力を低下させようとしていた。

対するドイツの迎撃もまだ激しく、連合国軍側の損害は増加しており、
特にアメリカ軍の爆撃機クルーの損耗率は激しかった。
そこで「25回の爆撃任務を達成したら、帰国できる」という事にして、
クルーの士気を維持しようとした。

その過酷な戦場で、最初に25回の任務を達成する事ができたのが
「メンフィスベル」と名付けられた機体の10名のクルーだった。

-----

・・・とまぁ、こう書くと死線をかいくぐった若者の感動的なストーリーには見えるが、
実は、「メンフィスベル」の機長、モーガン少佐は1945年3月10日の
東京大空襲の時にB-29の指揮官機の機長だったりする・・・。
[PR]
by climberkitune | 2006-05-17 00:00 | Daily
<< 移転 チャ >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30