『人間にとって科学とは何か』
d0052538_2248184.jpg『人間にとって科学とは何か』
湯川秀樹、梅棹忠夫(1967、中央公論社)

ともに著名な物理学者と人類学者の対談。
当時の世界トップクラスの科学者が必ずしも科学は万能ではない、という視点で語っているのが面白い。

大学に入って科学を学ぶという事が、
科学を推進させるという意欲ではなく、
ルーチン化された科学をやることになるのではないか、
という意見が非常に印象的だった。
[PR]
by climberkitune | 2004-09-23 00:00 | Books
<< 知識と知性【2】 知識と知性【1】 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
Links
カテゴリ
Daily
Climbing
Private Wall
Thinking
Natural Histry
Tools
PC Works
Books
Website
Old tale
NETA★
Other
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧