本を読み返す
ラジオに村山由佳が出演していた。
私はその名前は聞いたことはあるけど、本は読んだ事は無いけど。

彼女は対話の中で、
「小説というのは、読んだ人が自分なりに翻訳して解釈している」
「その時に自分の経験と重ね合わせたりして読む。
同じ本を読んだとしても10年前と今とでは自分の経験量が違うから、
改めて読むことで新しい発見が出来る」
というような事を言っていた。

なるほど、確かにそうだ。
以前読んだ本を改めて読み返すと、自分の変化や成長に気づける時があるような気がする。
こんな陳腐な話を喜んで読んでいたのか、と思う時もあれば
こんな大事な部分を見落としていたのか、と思う時もある。

ともあれ、元々本は捨てられないほうだから、本は書庫に溜まる一方だ。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-11 00:00 | Thinking
<< 知識と知性【4】 長良橋交番ボルダー >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31