竹取り
庭の垣根や小道具作りの材料にする竹を切ってきた。
竹を取るのに最適な時期は、中秋の名月の前後2週間だと言われている。

これより早いと腐ったりカビが生えたりしやすく、
これより遅いと固すぎて加工がしにくくなるようだ。
含まれている水分の量などが関係しているのだろう。

取る竹はその年の春に出たものは柔らかく腐りやすいので、
去年以前に生えてきたものを選ぶ。
これを見分けるには、
 幹の色が青々していないもの
 根元に皮がついていないもの
という事を注意しておけば良いようだ。

切った竹は枝葉を落として、雨の当たらないところに寝かせて乾燥させておく。

この時に落とした枝を集めておいて葉が枯れて落ちてから、
竹箒を作る材料にもするようだが、さすがにこれは作るのが面倒なので
ホームセンターで手頃なものを買って来て使っている。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-13 00:00 | Natural Histry
<< 日食 知識と知性【4】 >>



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30