2004年 11月 05日 ( 1 )
紅葉
山のモミジが色づき始めた。
場所や木によってはもう完全に赤くなっている。

-----
もみじ【紅葉・黄葉】
(上代にはモミチと清音。上代には「黄葉」、平安時代以降は「紅葉」と書く例が多い)
1.秋に、木の葉が赤や黄色に色づくこと。また、その葉。
2.カエデの別称。
3.「もみじば」の略
4.襲(かさね)の色目。
「雑事抄」によると、表は紅、裏は濃い蘇芳(うすお)。
「雁衣抄」では表は赤、裏は濃い赤。
5.(鹿にはもみじが取り合されるところから)鹿の肉。
6.(関西で)麦のふすま。もみじご。
7.茶を濃く味よくたてること。「紅葉(こうよう)」を「濃う好う」にかけたしゃれ。

広辞苑第5版より
-----

暑い夏が過ぎ去り、寒い冬がやってくる直前の景色。
紅葉という言葉一つでここまで多様な意味があるというのは、
古来より季節を愛した日本人ならではだろう。
d0052538_23472238.jpg
[PR]
by climberkitune | 2004-11-05 00:00 | Natural Histry



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30