2005年 04月 25日 ( 1 )
現代用語のウソ知識【3】
糠に釘

【意味】
煮ても焼いても食べられない。

【由来】
ヌカ漬けにして発酵させると、乳酸菌などの微生物の作用により、
アクや毒がなくなって美味しく場合もあるが、
釘は錆びるだけで結局は食べられないから。
また、ヌカ床はメンテナンスのためにかき回す必要があるが、
その時に釘が入っていると手を怪我をする可能性もあることから、
「思わぬ伏兵」という意味を持つ場合もある。
[PR]
by climberkitune | 2005-04-25 00:00 | NETA★



日常生活の断片
by climberkitune