2005年 04月 30日 ( 2 )
プライベートウォール【5】~板取り付け~
d0052538_039107.gif

いよいよ壁作成も山場に突入。
各面に合板を取り付けている。
写真は約1週間分の進行。

-----

合板は15mmのものを使用。
合板には、ホールドを取り付けるため
あらかじめドリルでφ12mmの穴を開けておき
これに裏からM10の爪付きナットを叩き込んである。
穴の数は一枚あたり30~40個。

合板が12mmだと強度はともかく、爪付きナットの足が
ホールドを締め込んだ時に板を貫通してしまう恐れがある。

-----

105°壁とバルジとの継ぎ目は、三角形に切った合板を組み合わせて、
隙間を埋めていく予定。
[PR]
by climberkitune | 2005-04-30 00:00 | Private Wall
プライベートウォール製作用具【1】~インパクトドライバ~
d0052538_04157.gif

何と言ってもまずはこの一品。このアイテムがないと
クライミングウォール作りは始まらないと言っても過言ではない。
フレーム組み・パネル貼りともに、ネジ止めが圧倒的に便利だからだ。

一般的な大工作業の場合はともかく、クライミングウォールの場合には、
足場が不安定だったり、対象物を支えながら固定したり、仮止めしたりするので
片手で作業できるコードレスのインパクトドライバは必須アイテムだ。

バッテリーの電圧、容量とも以前と比べて進歩しているが、
やはり12Vのものが価格的に一般的だろう。
現在は14.4Vや16Vのものもあるが、トルクが強すぎるので
コントロールできないとネジを回し過ぎてしまう。
そもそも、非常に高価でもある。

インパクトではなく通常のドリルドライバはトルク調整ができて良いのだが、
インパクトドライバの場合には、施工後のホールドの取り付け、
取り外しにも使えるという利点がある。
この場合にも、12V程度の電圧のものだとトルクが強過ぎず、
締め付けすぎでホールドを壊してしまう恐れが少ない。
ただし、取り付け後には手回しレンチで増し締めをして、
確実にホールドが取り付けられていることを確認しておこう。
[PR]
by climberkitune | 2005-04-30 00:00 | Tools



日常生活の断片
by climberkitune