2005年 08月 12日 ( 5 )
日航機墜落事故~そして~
私自身が、この事故について改めて興味を持ったのは、
たまたま、ネット上に事故機のフライトレコーダーの記録が流出しているという事を知って、それを聞いたことに始まっている。

事故が発生した20年前とは比較にならないほど、個人レベルで
グローバルに情報を発信できる事ができる昨今、
またこの事故に関する新しい情報がネットに流れる事があるかもしれない。
当時の様子を知っている、あるいはそれを伝聞した人が
ネットの掲示板などに当時の状況を書き込んでいる時もある。
それによって、この件に興味のある人が、また自説を検証したり
新しい仮説を提唱したりするのだろう。

そして、いつかは真相に辿り着く事ができるのだろうか。

-----

最後に、私が聞いた最も身近な日航機墜落事故の話。

「20年前の夕暮れ時、日航123便が墜落する直前の飛行中の様子を、
小川山にいた何人かのクライマーが目撃していて、不審に思っていたが、
その日の夜のニュースで旅客機が墜落した、と知って
あの飛行機だったのか・・・、という話題で持ちきりだった」
[PR]
by climberkitune | 2005-08-12 15:09 | Daily
日航機墜落事故~確かな事~
確かな事は、521名の方が亡くなり4名の方が奇跡的に生存していたという事、
その救出や身元確認の為に、多くの人が身を粉にして作業にあたったという事、
残された遺族の悲しみは、今なお消えていない事。
それだけは間違いないだろう。

今後も、多くの人が関心を持ってこの事故ことを調べたりすると思うが、
関心の方向を、興味本位で事故原因の真相究明しようとする仮説に向けるだけでなく、
この事故に関わった人の手記など、仮説ではなく実際に現場がどんなものだったのか
という事についても向けてもらいたいと思う。

事故が起こるたびにさまざまな事故予防対策が講じられているが、
事故そのものの撲滅は、恐らくは不可能なのだろう。
しかし関係者各位には、できる限り事故そのものを、
万が一事故が起こっても被害が最小限に
食い止められるような努力を惜しまないでもらいたいものだ。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-12 14:58 | Daily
日航機墜落事故~仮説・憶測・妄想?~
事故の原因について不明瞭な部分が多いということで、
各方面の人が、それぞれに事故原因の仮説を立てて検証している。
中には、検証以前に自分の憶測だけで本を書いているような人もいるようだ。

よく言われている説の一つに、
"自衛隊関与説"なるものがある。これは、
「事故機は相模湾上空で、自衛隊の無人標的機、あるいは試験中の対空ミサイルと衝突して尾翼を破損した」
などというもので、もっと話がエスカレートしてくると
「自衛隊は事故の発生を何らかの理由で隠蔽する必要があり事故機を山中に誘導して、航空自衛隊の戦闘機がミサイルによって撃墜した」
とまで言っている人までいる。
(この説の提唱者はマジメに調査している人からは完全に無視されている模様だが)

他にも
・機内で中核派が爆発物を爆破させた
・特定の人物を暗殺するための陰謀
など、いろいろな説が提唱されているようだ。

ともあれ、大いに憶測の余地があるのは確かなのだが・・・。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-12 14:38 | Daily
日航機墜落事故~謎を残したまま~
日航123便の墜落事故では、多くの事が謎のままになっていると言われている。

事故の原因は、当時の運輸省(現在の国土交通省)の事故調査委員会の報告によれば、
「疲労による亀裂が発生し、圧力隔壁が破損した」となっているが、
これは原因の真相を隠すための虚偽の報告である、との指摘が
各メディアに上げられている。
もし、圧力隔壁が破損したならば、客室内に急激な減圧が起こっているはずだが、
そのような形跡(ボイスレコーダーや生存者の証言)がないというのである。

また、救助に際しても政府は現場上空に真っ先に辿り付いた
米軍のヘリコプターからの救助を拒否していたり、
事故現場の特定に情報の錯綜があったり、
現場への地上からの救援の到着が異様に遅かったりしている、などの指摘もある。

いろいろな疑問点に明確な回答を出さないままに調査が終了したため、
後に事故の真相についてのさまざまな憶測が生まれてくることになる。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-12 14:13 | Daily
日航機墜落事故~20年目の夏~
東京発伊丹行きの日本航空123便が
群馬県山中に墜落してから、今日で丁度20年となる。

事件から20年というと、人々の記憶が薄れていくのが常だとは思うが、
この事件に関しては、毎年TVで報道される事もあってか、
当時を知っている人は誰もが覚えていて、
当時を知らない人も、そのような事故があった事を知っているようだ。

事故の概要については、ネット上に多数取り上げられているので、
興味があるならは"JAL123"、"日航機墜落事故"、"日航123便"
などのキーワードで検索してみるといいだろう。

どのような経緯で出回ったものかは不明だが、
事故機のボイスレコーダーの記録まで公開されている。
(これが本物かどうか、真偽の程は不明だが)
これを聞くと、最後まで冷静に機体を操っていた操縦士たちの
精神力には驚嘆するしかない。

これは異常発生時から墜落までの間のボイスレコーダーに残っていた通信記録と
その時点での機体の位置をフラッシュで再現したもの。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-12 13:41 | Daily



日常生活の断片
by climberkitune