2005年 08月 17日 ( 1 )
死を呼ぶ赤子
真夏の夜らしく怖い話を・・・。
-----

あるところに住む夫婦に子供が生まれた。
その子供がはじめて言葉を発した。
「オバアチャン」
すると、おばあちゃんがポックリと死んでしまった。
残された家族は、最後に孫に呼びかけれられたのだから、と思った。

しばらくして、その赤ん坊がまた言葉を覚えた。
「オジイチャン」
すると、お爺さんがバタリと倒れて、事切れてしまった。
残された夫婦は、「まさか」と思いつつお爺さんを埋葬した。

また、しばらくすると、赤ん坊がまた言葉を覚えた。
「オカアサン」
すると、なんと、母親が苦しみだし、そのまま亡くなってしまった。
残された父親は、戦々恐々としつつも、赤ん坊を捨てる事も出来ず
せめて自分の名だけは呼ばせないように育てるしかないと思った。

そんなある日、とうとう赤ん坊が言葉を覚えてしまった。
「オトウサン」
”あぁ、ついにこの日が来てしまった!!”
父親は半狂乱になって家の外に飛び出した。
すると、向かいの家から断末魔の悲鳴が。
向かいの家の旦那が死んだのだ。

残された父親は思った。
「むしろ死にたい」
-----

・・・すごくコワイ。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-17 00:40 | NETA★



日常生活の断片
by climberkitune
検索
Links
カテゴリ
Daily
Climbing
Private Wall
Thinking
Natural Histry
Tools
PC Works
Books
Website
Old tale
NETA★
Other
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧