2005年 08月 22日 ( 1 )
少年時代
ラジオから井上陽水の『少年時代』が流れてきた。

"夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう"
"青空に残された 私の心は夏模様・・・"


以前は普通に良い感じの歌だと思っていたこの曲だが、
最近では、切なく心にしみる感じの曲になってきた。

 思い浮かぶのは、空や歓声や草木の間を抜ける光と風。

歳をとって、過去に思いを馳せるをいうのはこういう気持ちなんだろうか。

 いつまでも続くと錯覚してしまうような夏休みを
 過ごせなくなったのはいつからだろう。

そんなことを思うようになったから、
この曲に切なさのようなものを感じるのだろうか。

"目が覚めて 夢のあと 長い影が 夜にのびて 星屑の空へ"
"夢はつまり 思い出のあとさき・・・"

[PR]
by climberkitune | 2005-08-22 02:25 | Daily



日常生活の断片
by climberkitune