2005年 09月 15日 ( 1 )
スターウォーズ エピソード3
上映終了が間近だったので、取り急ぎエピソード3を見て来た。

エピソード1ではちょっと首を傾げ、エピソード2では頭を抱えてしまっていたので、
関心はあったものの、ちょっと不安もあり見に行くのが遅れていた映画だ。

感想は、、、全体的には微妙。
でも、エピソード1から始まったストーリーは、確かにエピソード4に繋がった。
戦闘シーンは確かにスターウォーズ。派手で良かった。
ライトセイバーの戦闘は、新シリーズでの集大成って感じだった。
この手の派手なシーンを見ると「スターウォーズを見たぞ!」という気分になれる。

ストーリーの内容については、悪く言えば
「多少才能のある思い上がった若造が、
なかなか先輩に認められないなどで、ストレスを溜めてキレて暴走。
しかも、思いっきり開き直る」
という、いかにも現代の若者にありそうな行動パターンを映画化した感じ。

映像に関しては、基本的にCGなどを駆使して派手なのは良いのだが、
どれもチマチマしていて「ドドーン!!」というインパクトがなかった気がする。
エピソード4の冒頭、同盟軍の宇宙船を追跡してスターデストロイヤーが
登場した時のような画面一杯にインパクトのある映像が見たかった。

どちらかというと、評価が芳しくないような文になってしまったが、
それでも見応えはあった。
特に、前シリーズからのファンにとっては「おぉッ!!」と思うような
シーンが随所に散りばめられていたのが嬉しかった。

・ミレニアムファルコン号がいた(?)
・チューバッカ登場
・パドメがダース・ベイダーの事を「まだ善の心が残っているはず」と言う
 (これは、エピソード6でルークも同じような事を言ったと思う)
・夕日を見ているオーウェンのシルエットの構成が
 エピソード4でルークが夕日を見ているのと同じシルエット。

またエピソード4~6を見たくなってきたが、
DVDのレンタルが始まったら1~6を一気に見てみるのも一興かもしれない。
[PR]
by climberkitune | 2005-09-15 18:29 | Daily



日常生活の断片
by climberkitune