2005年 10月 25日 ( 1 )
あるクライマーの死
知り合いのクライマーが墜死した。
詳細は不明だが、懸垂下降の準備中の事故だったようだ。

クライミングによる事故は100%無くす事はできない。
マーフィーの法則では「起こる可能性がある事は、必ず起こる」という。
改めて事故が起こる可能性を、
ほんの僅かでも減らせるような心掛けをしたいと思う。

同じ過ちを繰り返さないというのが、故人への最大の供養かもしれない。

・多重バックアップによる安全確保
・自己チェック、相互チェックの徹底
この2点を徹底するだけで、ほとんどの事故が無くせるはずなのだが・・・。
[PR]
by climberkitune | 2005-10-25 00:00 | Climbing



日常生活の断片
by climberkitune