2005年 12月 11日 ( 1 )
瑞浪
X-wallでの忘年会を終えた翌日、瑞浪へ行った。
この日も瑞浪には人影は少なく、居たのは昨日のX-wallにいた顔ぶれの一部や、
その関係の知り合いばかりだった。
昨年よりは、このエリアは賑わっていないのだろうか・・・?

今回は岩に慣れていない参加者も多かったので、まずは接待モードでスタート。
各自5.9~5.10前半を中心にトライ。
やはり、普段人口壁に慣れていると、瑞浪のようなエリアではなかなか登れないようで、
全員がそれなりに達成感、あるいは挫折感を味わったのではないかと思う。

masumasuは「アストロドーム」で何度もフォールしながら果敢なトライを見せた。
スラブ初挑戦のヒデは苦戦しながらも「ロンパールーム」をフラッシュ。

別チームで参加していた14クライマーKojimaxは
クラックをも守備範囲にしつつあり、「エースを狙え」を魂のRP。
そしてイワモリさんは何と「中央フリーウェイ」をオンサイトし、
獣のような歓喜の雄叫びをエリアに響かせた。

私も5.9~5.10のルートを中心に数本トライする。
ほとんどが再登のルートだったが、5.10aのクラック「感激」をオンサイト。
グレーディングが比較的辛い印象のある瑞浪の中では、
納得のいく「5.10a」だったと思う。
d0052538_21311472.jpg


成果詳細&ルート感想
[PR]
by climberkitune | 2005-12-11 00:00 | Climbing



日常生活の断片
by climberkitune