2006年 01月 27日 ( 1 )
指関節の障害
指関節の可動域減少や疼痛が治らない。
この状態がその時その時で程度の差こそあれ、
常時付きまとうようになって2年以上になる。

これまでに数回、2,3ヶ月の休養期間などを設けてみたが、
その効果はほとんど見られず今に至っている。

クライミングを続けている以上、この種の障害は仕方ないのだろうが
何かと厄介な事この上ないので、いい情報はないかと
改めて対処法や処置例についてネットで検索してみた。

結果、いろいろなキーワードで検索してみたものの決定打なし。
障害についてのクライマーの経験談は多少あるのだが、
どのような処置が有効だったか、ということに関してはほとんど情報ナシ。

数少ない情報も、整体、サプリメントを摂る、登ったあとにはアイシング、
十分なレスト、テーピングによる保護...など。
しかし・・・、私はすでに全部試していて、現状に至っている。

これらの手段が全く無駄だったかどうかは疑問だが、
現在の指の状況を見る限り、決定打にはなっていないことは間違いない。

さて、次はどんな処置を試してみようか・・・。

余談
[PR]
by climberkitune | 2006-01-27 00:00 | Climbing



日常生活の断片
by climberkitune