2006年 05月 15日 ( 2 )
チャ
ちゃ【茶】
d0052538_22481810.gif
1.ツバキ科の常緑低木。中国南西部の温・熱帯原産。
葉は楕円形で厚く表面に光沢があり、10月ごろ葉腋に白花を開く。
果実は扁円形で開花の翌秋に成熟し、通常3個の種子がある。

2.茶の嫩葉(わかば)を採取して製した飲料。
嫩葉を蒸して冷却し、さらに炒って製する。
嫩葉採取の時期は4月頃に始まるが、その遅速によって
一番茶・二番茶・三番茶の別がある。

湯を注いで用いるのを煎茶といい、
粉にして湯に混ぜて用いるのを抹茶または碾茶(ひきちゃ)という。
なお、広義には焙じ茶・ウーロン茶・マテ茶などの総称。

3.抹茶を立てること。

4.茶色の略。

5.いいかげんな事をいう事。

広辞苑第五版より
-----

煎茶の作り方については、前の記事を参照
[PR]
by climberkitune | 2006-05-15 22:52 | Natural Histry
茶摘
八十八夜はとっくに過ぎたが、
数年前に畑の脇に種を蒔いた茶が程よく成長してきたので、
新芽を摘んで緑茶を作ってみた。

d0052538_18265475.gif

今回は茶の新芽うち、先端の尖った部分と葉2枚分だけを摘み取る。
要するに新芽のうちの一番良いところだけを収穫する方法で、
これを一芯二葉といって高級茶の材料にするときと同じ摘み方。

d0052538_18275086.gif

摘み取った茶葉。

d0052538_18301180.gif

これを蒸気で5分ほど蒸す。
蓋をしないで湯気に当てるだけの感じで良いらしい。
この時点でしおれて、量が半分近くになる。

d0052538_1832877.gif

蒸しあがった茶葉の水気をできるだけキッチンペーパーに吸わせてから、
手のひらですり合わせるようにして揉む。
茶葉が冷めてきたらフライパンにキッチンペーパーを敷き、
焦げない程度に軽く加熱してから手揉みにする。
これを繰り返すうちに、茶葉は細長く丸くなると同時に、水気がなくなっていく。

最後はフライパンの余熱で完全に乾燥させる。
乾燥しきらない場合には、フライパンをいったん火にかけて温めるが、
火にかけたままにすると焦げてしまうので、温まったら再び火から下ろすようにする。

できた緑茶は、色はやや薄いが生臭さがなく、予想以上に良い出来だった。
[PR]
by climberkitune | 2006-05-15 18:43 | Natural Histry



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
Links
カテゴリ
Daily
Climbing
Private Wall
Thinking
Natural Histry
Tools
PC Works
Books
Website
Old tale
NETA★
Other
以前の記事
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧