カテゴリ:Climbing( 59 )
ブラックダイヤモンドのニューモデル
ATC-Guide
BDの新型ビレイ器具。
ATC-XP同様、制動力大/小の使い分けが可能。
ペツル・ルベルソなどのように、フォローのビレイ時に自動ロックが可能。

Camalot C3
BDのマイクロカム。
3カム?とにかく小さくて強度がある・・・と謳っている。

私はATC-Guideのほうに興味あり。
ルベルソは買ったものの思ったより使い勝手が良くなかったので
その対抗モデルの使い勝手に期待しておきたい。

C3のほうは・・・うーん、現状では使いどころがあまりなさそうで・・・。
[PR]
by climberkitune | 2006-01-26 00:16 | Climbing
こんな写真が撮りたい
Simon Carter's Onsight Photography
知ってる人は知ってる、「あの」写真を撮る人。

ぶら下がるだけではなく、パイプを使って「乗り出す」というスタイルがすごい。
真似をしてみたいと思うのだが、このシステムをどうやってセットしているのか
今ひとつ良くわからない。
[PR]
by climberkitune | 2006-01-25 12:17 | Climbing
相次ぐ登攀自粛、あるいは禁止?
石巻山がクライミング禁止の危機に?
北山公園でボルダリング自粛の要請

かつては小川山や鳳来のような日本を代表する超メジャーエリアでも
諸般の問題によって、登攀禁止騒動が起こっており、
「またしても・・・。」というのが正直な感想。

原因はどうあれ、これまでに同様の問題が起こったエリアは、他にも思いつくだけで
奥多摩・日原、福井・東尋坊、六甲・蝙蝠谷、広島・帝釈峡、湘南・鷹取山、
奥武蔵・名栗河又、日和田、和歌山・白崎、滋賀・信楽ボルダー、四国・慈眼寺などがある。

「登りたいから登る」とい思考は、それはそれで結構なものだと思うし、私自身もそう思う。
とは言っても、クライマー自体が少数派であり、また、クライミングという行為自体が
おおむね、社会的には黙認されることはあっても、
滅多に歓迎されるものではないということを
クライマー各位がもう少し認識する必要もあるのではないだろうか。
むしろ、クライミングが黙認されること自体が僥倖と考えるべきかもしれない。

「自己責任で遊んでるんだから」
「人には迷惑かけないように心がけていますよ」
「これもひとつの表現の自由」
結構な意見に聞こえるけど、見方を変えればただの身勝手とも言える。
冷静に考えてみれば、そのエリアの地主にしても自治体にしても、
「何をしでかすか判らない得体の知れない集団」に
快くエリアを開放する義理もないだろうし。

クライマーではない"一般の人"のスタンスからクライミングという行為を見た場合、
それがどういう行為と認識されるのか、改めて考えるべきだろう。
-----

石巻山はまだ行った事ない。Face the Musicはトライしたい。
[PR]
by climberkitune | 2006-01-20 18:25 | Climbing
CCHエイリアンにリコール
CCHエイリアン、リコールのお知らせ
X店長からのコメントでこの件を知って早速チェック。

私の所有しているものは、すべてリコール対象品ではないようだが、
ロストアロー側が慎重を期して「全容が明らかになるまで全エイリアンの使用中止」
を通達しているので、とりあえずは使わないように・・・と思ったが、
当面は、エイリアンが"絶対必要"になるルートへにトライする機会もないかもしれない・・・。
[PR]
by climberkitune | 2006-01-18 00:00 | Climbing
瑞浪
X-wallでの忘年会を終えた翌日、瑞浪へ行った。
この日も瑞浪には人影は少なく、居たのは昨日のX-wallにいた顔ぶれの一部や、
その関係の知り合いばかりだった。
昨年よりは、このエリアは賑わっていないのだろうか・・・?

今回は岩に慣れていない参加者も多かったので、まずは接待モードでスタート。
各自5.9~5.10前半を中心にトライ。
やはり、普段人口壁に慣れていると、瑞浪のようなエリアではなかなか登れないようで、
全員がそれなりに達成感、あるいは挫折感を味わったのではないかと思う。

masumasuは「アストロドーム」で何度もフォールしながら果敢なトライを見せた。
スラブ初挑戦のヒデは苦戦しながらも「ロンパールーム」をフラッシュ。

別チームで参加していた14クライマーKojimaxは
クラックをも守備範囲にしつつあり、「エースを狙え」を魂のRP。
そしてイワモリさんは何と「中央フリーウェイ」をオンサイトし、
獣のような歓喜の雄叫びをエリアに響かせた。

私も5.9~5.10のルートを中心に数本トライする。
ほとんどが再登のルートだったが、5.10aのクラック「感激」をオンサイト。
グレーディングが比較的辛い印象のある瑞浪の中では、
納得のいく「5.10a」だったと思う。
d0052538_21311472.jpg


成果詳細&ルート感想
[PR]
by climberkitune | 2005-12-11 00:00 | Climbing
瑞浪・屏風山
瑞浪で登るのに丁度良い季節になってきた。
今回のメンバーは、5.14クライマーのKojimax氏、
外クライミング2回目のいづみ嬢、初花崗岩クライミングのハヤカネ夫妻。

時期が時期だけに人が多いと思いきや、
我々5人しかおらず完全に貸し切り状態だったが
今回は、故障も完治していないので軽めの登りにとどめておいた。

以下、今回登ったルートの感想

原住民(5.10b/c?)
ボルトハンガーが工業用のものなので、リードは避けてTRでトライ。
ホールドが欠けたり剥がれたりしていて、以前に登った時より難しく感じた。
エッジングを駆使するフットワークと立ちこみ重視のルート。

ロンパルーム(5.9)
あらゆる意味でスラブ入門用ルート。大きな結晶がたくさんあり、
ちょっと慣れた人には超安定ホールド、不慣れな人には疑惑のホールドになる。
上部で傾斜の緩い部分(ほぼ歩ける)はややランナウトだが、これもスラブらしい。

新人クラック(5.9)
TRでトライ。前回は登れたのだが・・・。
ここを"5.9"で登れるようなジャミング技術を身に付けたいものだ。

アタックNo.1(5.10b)
TRでトライ。思ったより楽に登れた。
ムーブはほぼOKになってきたので、次回はリードしたい。

イブ(5.11c)
TRで10年ぶりに触ってみた。
テンション数回で上まで抜けることができ、RP全く不可能ではないと思ったが、
そのためにプロテクション技術を確実に身に付けたい。

アストロドーム右(5.10a)
左ルートの回収も兼ねて登った。
イケイケのカンテレイバックで楽しい。

-----
薄暗くなるまで登って、みんなで「鳥よし」に行ってケイチャンを食べた。
[PR]
by climberkitune | 2005-11-26 00:00 | Climbing
こんなヤツが危ない
最近身近で話題になった某サイトの掲示板での
クライミング関係の書き込みを見て愕然。

こんな事がよくもまぁ恥ずかしげも無く書けるものだと思うような内容だった。
あまりにもイタ過ぎるし、嗜める書き込みもほとんどなく、
内容の質は明後日の方向に暴走している。
イタさが判る人からしてみれば、
言っても無駄だと思ったか、関わりたくないといったところだろう。

それでも、それなりに大手のサイトの掲示板である以上、
「そこに集まる情報量も多い」と勘違いして
「そこの情報の信憑性もある」と思い込んでしまう人が出てこないか
無駄な事とはいえ、本気で心配したくなる。
この程度の見識では、ちょっとヤバい状況になったら
事故や遭難は必至ではなかろうか、という内容が多く見られる。

距離を置いて傍観してみると、
おおよそこんな奴らが危ないんじゃないかと思う。

・判っていないヤツ(=未熟)
・思い上がったヤツ(=自信過剰)
・人の指摘を理解しようとしないヤツ(=傲慢)
・何も気付けないヤツ(=無能)
・掲示板でのネチネチした議論が好きな奴(=馬鹿)

-----
頭が痛い内容なので、今日の分はコメント不可設定しときます。
[PR]
by climberkitune | 2005-11-23 23:22 | Climbing
ルートセット in 安八
安八スカイウォールでルートを1本作らせてもらった。

最近、ボルダーのセットをする機会はあったのだが、
10m以上のルートを1からセットするのはほぼ初めての経験だった。

今回は、三段ハングのカンテ部分を登るラインを設定。
下部の垂壁はテクニカル、上部のハングはトリッキーに、
グレードは5.11ノーマルになるよう、
事前におおよそのホールド配置を考えた・・・

が、やはり思ったようなルートにはならなかった。
下部はテクニカルというより、ネチこい系、
上部はトリッキーというより、ネジ伏せ系、と相成ってしまった。

いろいろ悩んだ挙句タニシ君のアドバイスを得て、何とか修正。
下部はカチホールドでバランスでジワジワと登り、
ハングから先はガバでイケイケのルートとなった。

13mに渡ってバランスの取れた難易度で、
同じテンションを保てるルートを作ることの難しさを改めて知った。
次はもう少し普通っぽいルートを作ることを目指したい。

-----

赤インナーホールドのみ、5.11b(斬定)、是非トライしてみてください。
下部は・・・、いわゆるT系ですが。
[PR]
by climberkitune | 2005-11-20 00:00 | Climbing
片知渓谷
片知渓谷へ行ってきた。
平日なのに、何故か10人ほどの参加者が。
d0052538_2383978.gif

小春日和の中、気分の良い一日が過ごせた。
d0052538_238259.gif



d0052538_2385567.gif

[PR]
by climberkitune | 2005-11-17 00:00 | Climbing
ポカラ
一宮にあるポカラに行ってきた。
クライミング用品とコスメグッズを扱う異色の店で、
しかも、店の外には小規模ながらクライミングウォールがある。

クライミングウォールは幅4m×高さ8mくらいのアントレプリーズ社製。
スケールはそれほどでもないが、家からの距離を考えると、
ルート用の持久系トレーニングができる貴重なウォールだ。
色課題だけでなくトポ課題もあるので、設定されているルートは
5.10台~5.11台のものがかなりあると思う。

利用料金が一日840円、月会員で3,360円という設定もありがたい。

→ポカラ
[PR]
by climberkitune | 2005-11-02 00:00 | Climbing



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31