<   2004年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
第4回旭・安八Cup

現在、県内で開催されている唯一のクライミング大会である、第4回旭・安八Cupが開催された。
大会についての詳しい情報は、安八スカイウォールのサイトに乗っているので、
個人的に思った事を。

大会スタッフは全員ボランティアながら20人以上が運営にあたり、
大会当日は非常にスムーズな競技進行が出来ていたのが素晴らしかった。
比較的小規模なコンペとはいえ、JFAや日山協の主催するコンペに匹敵する
スムーズな運営だったと思う。

選手は東海地域を中心に京都からの参加も多数あったが、
特に各クラスとも10代選手の活躍がめざましかった。
今後が楽しみな若手が育ってきているということだろう。

私の成績はたいした事はなかったものの、
それなりに渾身のクライミングが出来たのでかなり満足できた。

第4回旭・安八Cupリザルト(安八スカイウォール)
[PR]
by climberkitune | 2004-10-17 00:00 | Climbing
日食
今日は日本の多くの地域で日食が観測できたらしい。
日が暮れてからニュースで知った。
知っていても多分、フィルター越しに観察して、
「あぁ、確かに日食だ」
と納得してそれだけで終わっていたと思う。

TVのニュースでは、日食を観測した小学生にインタビューしていた。
「誰かがかじったみたい」
子供の感性に乾杯。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-14 00:00 | Daily
竹取り
庭の垣根や小道具作りの材料にする竹を切ってきた。
竹を取るのに最適な時期は、中秋の名月の前後2週間だと言われている。

これより早いと腐ったりカビが生えたりしやすく、
これより遅いと固すぎて加工がしにくくなるようだ。
含まれている水分の量などが関係しているのだろう。

取る竹はその年の春に出たものは柔らかく腐りやすいので、
去年以前に生えてきたものを選ぶ。
これを見分けるには、
 幹の色が青々していないもの
 根元に皮がついていないもの
という事を注意しておけば良いようだ。

切った竹は枝葉を落として、雨の当たらないところに寝かせて乾燥させておく。

この時に落とした枝を集めておいて葉が枯れて落ちてから、
竹箒を作る材料にもするようだが、さすがにこれは作るのが面倒なので
ホームセンターで手頃なものを買って来て使っている。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-13 00:00 | Natural Histry
知識と知性【4】
知識は人を驚嘆させる事はできるが、
知性は人を感動させる事ができる。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-12 00:00 | Thinking
本を読み返す
ラジオに村山由佳が出演していた。
私はその名前は聞いたことはあるけど、本は読んだ事は無いけど。

彼女は対話の中で、
「小説というのは、読んだ人が自分なりに翻訳して解釈している」
「その時に自分の経験と重ね合わせたりして読む。
同じ本を読んだとしても10年前と今とでは自分の経験量が違うから、
改めて読むことで新しい発見が出来る」
というような事を言っていた。

なるほど、確かにそうだ。
以前読んだ本を改めて読み返すと、自分の変化や成長に気づける時があるような気がする。
こんな陳腐な話を喜んで読んでいたのか、と思う時もあれば
こんな大事な部分を見落としていたのか、と思う時もある。

ともあれ、元々本は捨てられないほうだから、本は書庫に溜まる一方だ。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-11 00:00 | Thinking
長良橋交番ボルダー

岐阜市内を流れる長良川にかかる長良橋のたもとにある石垣。
切り出した花崗岩を積んであり、傾斜は垂直未満だが、
細かいホールドを使って、指先の力とバランスのトレーニングができる。
その名の通り長良橋交番の下という、ちょっと気が引けるような場所ではあるが、
今のところは警察官に見つかっても
「・・・気をつけて登ってくださいね」
くらいの注意(?)しか受けていない。

夜間にここを登るには、懐中電灯があると便利

長良橋交番ボルダー(がおろ亭)
[PR]
by climberkitune | 2004-10-08 00:00 | Climbing
秋晴れ
雨の合間の快晴の一日だった。
抜けるような青空、ススキの穂、赤とんぼ。

気づけば秋なんだなー、と実感した一日。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-06 00:00 | Daily
探求
全ての事象の理由を知りたいと思うのは、必然かもしれない。
全ての事象の理由を知ったと思うのは、傲慢かもしれない。

全ての事象の理由を知ってしまう事は・・・不幸かもしてない。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-05 00:00 | Thinking
サワガニ

d0052538_2354488.jpg

雨上がりの朝、サワガニが道にいた。
以前はいつでもどこでもいたような生き物だが、
最近ではあまり見かけない。
河川改修や護岸工事のせいだろうか・・・。

-----
さわがに【沢蟹】
エビ目サワガニ科のカニ。甲は丸みのある四角形で、
巾約2.5cm。灰褐色。北海道を除く各地の渓流・河川の砂礫中に穴居。
食用だが、肺臓ジストマの第二中間宿主となるので、注意が必要

広辞苑第五版より
-----

サワガニ(TBS生物図鑑)
[PR]
by climberkitune | 2004-10-04 00:00 | Natural Histry
現代用語のウソ知識【1】
親の敵のように
おや-の-かたき-の-ように

【意味】
VIP待遇。

【由来】
憎い人や邪魔者などを排除してくれた人に感謝することから。
[PR]
by climberkitune | 2004-10-01 00:00 | NETA★



日常生活の断片
by climberkitune