<   2005年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
???
d0052538_2072482.jpg

Net上でこんなモノを見つけた。
意味が判らない人には、どこが笑いドコロかわからないだろう。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-14 00:00 | NETA★
冬の最後の悪あがき
d0052538_2044150.jpg

朝起きた時には青空も見えていたのだが、昼過ぎからは風雪となる。
3月なのに・・・と言いたいところだが、多分これが最後の寒の戻りだろう。

午前中の晴天に騙されてサイト用の写真を撮りに瑞浪に行ったものの、
見る見る間に景色が白くなってきたので、
手早く数枚の写真だけ撮ってX-wallへ・・・
行こうとしたら、また青空となったので引き返して、
エリア全体を散策して写真を撮ってまわる。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-13 00:00 | Daily
伐採
山の枯れかけた松の木を伐採した。
伐採の時、一番事故が多いのは「掛かり木」の処理と
倒した木の枝を切り払う時だという。
掛かり木というのは、倒した木が他の立ち木に引っかかってしまって、
中途半端に倒れた状態のことをいう。

今回は傾いた木を伐り倒したので、木の倒れる方向をコントロールできず、
隣の木に引っかかって「掛かり木」の状態になってしまった。
仕方がないので、引っかかっている木のほうも伐採して、
2本まとめて倒す事にした。
この2本まとめて倒す方法は、林野庁などの定める作業基準では
非常に危険なので禁止とされていることなのだが、
ウインチなどの機械もない以上、他に方法も無いのでそうする事にした。

結果は巧く2本とも倒れたので良かったが、こういう状況を防止するには、
理想を言えば小型ウインチがあれば、倒す方向をコントロールしたり、
最悪、掛かり木になった場合も強引に引き倒す事もできる。

切り倒す方向のコントロールは、一般に思われているほどは難しくはないと思うが、
木が密集している場所での隙間を狙っての伐採や、大きく傾いた木の伐採などは、
やはり高度な技術が必要となる。

当然のことではあるが、切っている時にノコギリ、あるいはチェーンソーの刃が
挟まっていく手応えで、木がどの方向に倒れているのかを察する事もできるが、
それなりの意識していないとなかなか気付けない事だと思う。

伐採方法などについては、また機を見て説明をしてみようと思う。
もっとも、仕事でやっている人でもない限り
伐採作業をする機会のある人も滅多に居ないだろうから、
あまり役に立つ知識ではないとは思うが・・・。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-08 00:00 | Daily
スタイルシート
現在公開してるWebサイトでは、初めてスタイルシートを採用した。
使う前には設定が面倒かと思っていたが、
使い出してみると非常に使い勝手が良い。
当初はスタイルシートはあまり多用しない予定だったが、
使い慣れてくると、あちらもこちらもと、
できるだけスタイルシートを使ってみたくなる。

レイアウトは「ラインでシンプルに引き締める」という構成を意識している。
しかし、頭の中のモヤモヤしたイメージを具現化するのはなかなか難しく、
シンプルで見やすいレイアウトのWebサイトには、まだまだ程遠いようだ。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-07 00:00 | Daily
安八スカイウォール
先週はあまりに寒かったので休業だった安八スカイウォールへ2週間ぶりに行った。
前回は体が裁けずに惨憺たる結果だったが、
今回はなかなかイイ感じに登ることができた。

とにかく高く上ることに慣れる為、今回はトップロープでのトライのみ。
トップロープに頼る事には賛否両論あるとは思うし、
私自身も、リードクライミングの方が遥かに優れたスタイルではあると思っている。
しかしトップロープでの、極力ムーブだけに専念できるという利点は
非常に大きいと思っている。

ともあれ、今回の成果はいくつかのルートを完登するだけの
ムーブ解決能力と持久力はあるはず、という結論に辿り着けた事だ。
あとは、リードでの恐怖心を抑えるセルフコントロールができれば、
また一歩前進できるはずだと思った。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-06 00:00 | Climbing
春の気配
朝起きて外に出ると、霜柱が立たない日が増えた。
庭先にフキノトウが頭を出した。
心なしか、風が優しくなった気がする。
春まであと一歩
[PR]
by climberkitune | 2005-03-05 00:00 | Daily
フリークライミングの定義【2】
(承前)
道具に頼らないのがフリークライミングという事は先に述べたが、
・専用の靴(=クライミングシューズ)の使用は認められている。
・滑り止めの粉(=チョーク)の使用は最小限に留める。
といった暗黙のルールが存在するが、
これらを利用しないという制限を自らに課している人もいる。
(まぁ靴くらいはほぼ全ての人が履いているが、
靴の性能の向上によって、登れる難易度が向上している事も事実だと思う)

安全確保用の道具は、墜落した場合に備えてのものであるが、
それを装着してるという事実によって、
致命的な墜落の可能性という精神的なプレッシャーを
取り除くという効果もある。

 例えば10cm幅の平均台の高さが、地上30cmの時と地上30mの時とでは、
 渡り切るのに要する技術は同じであるとしても、後者の方が
 精神的なプレッシャーが極端に高くなるのと同じ事。

これは、見方によっては「道具に頼っている」と言えなくもない。

そのため、究極的には一切の安全確保を排除して、体一つで
岩を登りきるのが究極のフリークライミングと主張する人もいる。
もちろん、ある程度以上の場所から墜落すれば、
十中八九、死は免れられない。これをフリーソロという。
実際にその究極のスタイルで数々のルートが制覇されている。

しかし、それに至るまでは充分な安全が確保された状態で
どこまでの難易度を自分がクリアする事ができるかを
見極められるようにトレーニングを重ねなければならないし、
それ以上に、生死の危険と隣り合わせの極限の状況に耐えうる
精神力が必要となる。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-04 00:01 | Climbing
プレミアムアウトレット土岐
d0052538_19551890.gif
今日、プレミアム・アウトレット土岐が
グランドオープン。早速チェックしてきた。

御殿場と比べると規模は小さいが、何と言っても家から車で15分。
好みの手頃なブランドもいくつか入っている。
衣料品はここで買うことが多くなるだろう。

飲食店も数店舗気になったが、今日は人が多かったので、
もうちょっと空いている時にスープストックトーキョー辺りから行ってみたい。

→プレミアム・アウトレット土岐
[PR]
by climberkitune | 2005-03-04 00:00 | Daily
フリークライミングの定義【1】

----------
フリー-クライミング [free climbing]
登攀用補助用具を使わずに、素手で行う岩登り。
大辞林より
----------

フリークライミングのルールでは、どのような場合でも、
ルートのスタート地点(=大抵は地面)から
ゴール地点(=手を離しても立てる場所、つまり
岩の上であることが理想だが、岩の途中で終了という場合も多い)
まで一度も外的な補助を受けずに登りった時に、
「そのルートを登りきった」とみなされる。
外的な補助とは、安全確保用の支点に体重をかける
(=墜落、あるいは落ちる前に支点を掴む、あるいはそれに乗る)
という行為や、あるいは他人に押したり引いたりしてもらうことなどを指す。
つまり墜落した時点で、ロープや安全確保用の支点といった「道具」を
使用したとみなすのである。

つまり
フリークライミング=道具を使わないクライミング
というよりも
フリークライミング=道具に頼らないクライミング
というのがより正解といえるだろう。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-03 00:01 | Climbing
閉店セール
名古屋にあるクライミングやスノボ、トレッキングの専門店「パペーテ」が
閉店セール中ということで行ってみた。
流石にこれといった物は残っていなかったが、
メトリウスのホールドを購入。
大~特大のを6つと、中くらいのを5つで約1万円。
[PR]
by climberkitune | 2005-03-03 00:00 | Daily



日常生活の断片
by climberkitune