<   2005年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧
EOS-5D発表
何気なくCanonのサイトを見てみたら、
10月に新しいデジタル一眼レフカメラが発売される事を知った。
さっそく詳細をチェックしてみる。
d0052538_137496.gif


何と言っても、これまでは100万円近い最上級機にしか搭載されてなかった
大型CMOS採用で、銀塩一眼レフと全く同じレンズワークが可能になっている。
連写速度は毎秒3コマと速くはないが、60コマの連続撮影が可能となっている。
また、これまでは上級機種にしかなかったスポット測光も採用された。
あとは、AF精度と速度が早くなっていれば言うことないのだが、
モデル番号が「1桁」なので、それなりに期待できそうだ。

一番問題の価格は「オープン価格」となっているが、
実勢価格で30万前後といったところになるのではないかと予測。
EOS-1DSと比べればはるかに安いだろうが、
それでも気軽に手を出せるような値段にならないのは確かだろう。

参考サイト→Conon EOS-5D
[PR]
by climberkitune | 2005-08-31 13:07 | Tools
突然変異?
d0052538_19562668.gif
庭の外れに四裂の桔梗を見つけた。
他にもないかと探してみたが、この一本だけが四裂のようだ。
来年もこの株からは四裂の花が咲くのだろうか?
[PR]
by climberkitune | 2005-08-30 00:00 | Daily
亡国のイージス
やっと映画『亡国のイージス』を見に行く事が出来た。

思ったとおり、というかあの長い原作を2時間にまとめるのは
少々無理があるようだが、それでもそれなりに収まっていたのではないかと思う。
多分、見た人の評価は賛否両論だろう。

登場人物とエピソードを詰め込みすぎた感はあるので、
もう少し主要人物を絞って、それぞれの見せ場を
しっかりと見せても良いのではないかとは思った。
また、話の流れを端折っている部分も多いので、
原作を読んでいないと「どうしてそうなるのか??」と
流れがつかめない部分もあるかもしれない。

とは言っても、自衛隊の全面協力による撮影はなかなか迫力があったので、
ストーリーは気にせずに雰囲気だけでも楽しめる映画だと思う。

もっともコアなマニアな人には、気になる考証ミスがあるのかもしれないが・・・。

私も一つだけ思った事が。
「うらかぜ」にハープーンを迎撃する際、
1発目はシースパローで迎撃、失敗→76mm砲で迎撃→撃墜は良かったのだが、
2発目で何もできず「間に合いません!!」と言う前に、
CIWSで迎撃してもらいたかった。
設定上、迎撃不可能なタイミングで2発目のハープーンが
発射されている事になっているのかもしれないが、
夜間戦闘でファランクスが撃たれれば見た目に派手で迫力があっただろうな、、、と。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-29 00:00 | Daily
部屋からの景色
d0052538_18333910.jpg

秋の到来を予感させるような夕景。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-28 18:34 | Daily
椰子の実
NHKの「みんなの童謡」という番組で、夏川りみが歌う『椰子の実』が流れていた。
歌謡曲っぽい泥臭ささがなくて非常に良い感じだった。
いずれアルバムに収録されないだろうか?

こんな感じの歌を日頃もっと耳にする機会があると良いと思う。

近年の歌詞の持つ強烈なメッセージ性も否定はしないが
想像力が不要なほどストレートだったり、
あるいは、示唆するものが強すぎる事が多い。

それだけにこの手の曲は、アーティストからのメッセージを受け取る事が出来ても、
自分自身で何かを作り上げていく事が難しいのではないかと思う。

シンプルなでありながら、想像力をかきたてられる、
そんな歌詞を聞き込む事で、心の豊かさが養われるのではないだろうか。

-----
「みんなの童謡」以降の放送予定
8/28(日)
11:50~11:53 NHK総合
18:45~18:48 NHK教育

9/1(木)
19:25~19:28 NHK教育
[PR]
by climberkitune | 2005-08-27 23:22 | Daily
台風レポート
今回の台風11号も、当初の予想より東よりの進路を取り
この地域には大した影響を与えないままに過ぎ去ってしまった。

それはいいとして、相変わらず台風が接近するとTV局各社が
お約束のとしてレポーターを海岸に派遣して、
激しい波風をバックにライブ放送をしている。
あれには一体何の意味があるのか、私には良く判らない。
激しい風雨を表現しているつもりなんだろうが、
わざわざ人をあんな危なっかしい場所に立たせなくてもいいものを・・・。
そして、近くで仕事をしている人を見つけては
「危ないですから気をつけてくださいね」
という、超余計な一言。
危ない事くらい判って仕事してるに決まってるだろうが、ボケェ!!
非常に殺伐とした気分になってしまうのは私だけだろうか。

というか、中継スタッフのほうこそ危ないから引っ込んでいなさい。

同じく、お約束の暴風雨の中での街の人へのインタビュー。
係留してある船を点検している人に
「何をなさっているんですか?」
飛ばされた看板を回収している人に
「何があったんですか?」
倒れた街路樹を処理している人に
「どういう状況なんですか?」
・・・見て判らんか?ボケェ!!
思わず怒りとも呆れともつかない感情をいだいてしてしまうのは私だけだろうか?

というか、そんな状況下で仕事をしている人に対して
一目瞭然の状況を解説させようとする中継スタッフは何様のつもりだ?

厚顔無恥を絵に描いたようなTV局のスタッフは
TV取材を水戸黄門の印籠と同じモノだと思っているのだろうか。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-26 20:51 | Daily
MSNメッセ、アップグレードしたものの
d0052538_2317435.gif
いつも便利に使っているMSNメッセンジャーだが、
近頃、起動時に
「新しいバージョンのMSNメッセンジャーにアップデートしますか?」
という旨のメッセージが執拗に出ていて、
そのメッセージ自体が非常に邪魔だったので、
思い切ってバージョン7にアップデートしてみた。

結果は後悔度100%。前バージョンの方が格段によかった。
無駄な機能が増えたのはいつもの事だが、
何よりも各ウィンドウに漏れなく広告が付いているのが
非常にうざったいことこの上ない。

見える部分では大いに腹が立つのだが、せめて見えない部分、
例えばセキュリティや安定性が向上していることを願うばかりだ。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-25 23:25 | PC Works
キキョウ
秋の七草の一つだが、私には夏の庭に咲くイメージが強い。

d0052538_1930503.jpg

-----
ききょう【桔梗】
キキョウ科の多年草。
夏秋の頃、茎の先端に青紫色または白色の五裂の鐘形花を開く。
果実は蒴果(さくか)。
山地・草原に自生し、秋の七草の一。
根は牛蒡状で太く、乾かして桔梗根とし、去痰・鎮咳薬。
古名、おかととき。きちこう。

広辞苑第5版より
-----

学名は Platycodon grandiflorum
"キキョウ属の大きな花"という意味。
キキョウ属を意味するPlatycodonとは
ギリシア語のplatys(広い)+ codon(鐘)が語源とされている。

古くは「さらに吉」(木偏に"吉"と木偏に"更")な植物として歓迎され、
美濃の土岐氏とその一門の家紋には桔梗が使われていた。
[PR]
by climberkitune | 2005-08-24 21:51 | Natural Histry
G-FREAKの新作、Xに来る。
X-wallにG-Freakの新作ホールドが来ていた。

滋賀の不世出(...と言ってもいいと思う)の強大クライマー
奥村氏のシェイプはどれも渋めで、
昨今多く見られる「指に優しいホールド」とは違い、
岩を意識した実戦的でタフなホールドが多いように感じられた。
その雰囲気は一部、昔の"ホッチホールド"と似ている気がする。

そういえば以前、某有名クライマーがジムで
「最近のホールドって、指に優しくする事が優先されていて妙ににマイルドだから
カリっとした感じのホッチホールドを持つとちょっと安心する感じがするんだよな」
と言っていたのを思い出した。

ホールドの表面が小慣れてくるまで指先の皮をずいぶん持っていかれそうだが、
逆に言えば、指先の微妙な加減でキッチリと止まるホールドで
ボルダリングにはもってこいだと思う。

→KO-WALL(G-FREAK)
[PR]
by climberkitune | 2005-08-23 00:00 | Climbing
少年時代
ラジオから井上陽水の『少年時代』が流れてきた。

"夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう"
"青空に残された 私の心は夏模様・・・"


以前は普通に良い感じの歌だと思っていたこの曲だが、
最近では、切なく心にしみる感じの曲になってきた。

 思い浮かぶのは、空や歓声や草木の間を抜ける光と風。

歳をとって、過去に思いを馳せるをいうのはこういう気持ちなんだろうか。

 いつまでも続くと錯覚してしまうような夏休みを
 過ごせなくなったのはいつからだろう。

そんなことを思うようになったから、
この曲に切なさのようなものを感じるのだろうか。

"目が覚めて 夢のあと 長い影が 夜にのびて 星屑の空へ"
"夢はつまり 思い出のあとさき・・・"

[PR]
by climberkitune | 2005-08-22 02:25 | Daily



日常生活の断片
by climberkitune