ビレイ技術考

ロープを使うクライミングにおいては、
ビレイ技術が非常に重要なものであるという事は誰もが認識しているのだが
実際には"ある種のローカルルール"や"流儀・流派"、"思い込み"などが渦巻き
どう見ても間違っている事を平然と行っていたり、
あるいは必要のない部分に必要以上にこだわっている事も見られる。

だが、そういう点を指摘すると、
「これまでこれでやってきて大丈夫だった」とか「先生がこう言ったから」など
字面だけ見ると子供の言い訳のような返事しか返ってこないことも多い。

そんな時には、本当にそれが安全なのか、それとも危険なのか、とか
本当にそれは必要な事なのか、それとも余計な事なのか、など
実験して検証したうえで討議するのが一番良いとは思うのだが、
なかなかそのような機会は得られないのが実情だろう。

しかし、たまにはビレイを教える講習会ではなく、
各自が主体性や意見を持ったビレイの研究会が出来れば良いのだが・・・。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-08 20:46 | Climbing
本日のスパムメールより
Subject: 招待条をお送りさせて頂きました。SNSリニューアルです

招待条を受け取られた方の70%が移動されております、
もしまだ移動されていない場合はこちらのアドレスよりご確認ください。

-----

招待条・・・。
普通に変換すれば「招待状」って一発で出るのだが。
相当アタマの悪いヤツがこのメールを作成したに違いない。

ちなみに"招待条"で検索してみると、このスパムに対するツッコミばかりがヒットするようだ。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-08 18:04 | Daily
料理の日
休みだが雨、しかも故あって家で留守番をしていなければならない一日だったので、
寝たりゲームをしたりする以外の何かをしていようと思い立った。

そして、実行に移したのは料理。

CMで見たホワイトカレーというのが気になっていたので、
午前中に早速、材料を揃えに近所(車で10分)のスーパーへ買出しに。
鶏肉、タマネギ、ニンジンをメインの具として、
風味付に炒めたショウガ、ニンニク、セロリを投入。
煮込めばこれだけでも十分にスープとなるところにカレールーを入れる。
夕食まで寝かせて味を馴染ませておく事にする。

そして、昼食は夕食に備えて、シンプルに鶏肉と山菜と油揚げを入れたうどんを作る。

午後からはさらに思い立って、アーモンド&チョコチップのオートミールビスコッティを作る。
これまでに数回作ったものを再現してみるが、まずまずの安定した出来なので、
この菓子のレシピはとりあえず完成したと思う。

そして、TVなどを見ているうちに夕食の時間になる。
先に作ったホワイトカレーを温めつつ、ハッシュドポテトとサラダを作る。
ホワイトカレーの味は思ったよりカレー感があったが、
シチューとカレーとの中間のようなマイルドな味わいだった。

とにかく、あれもこれもと作りまくった一日だった。

-----
今日の反省:
たいして動いていないのに食べ過ぎた気がする。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-07 22:51 | Daily
劇場版Zガンダム
まだ見ていなかったのだが、WOWOWで放映されていたので見てみた。

感想・・・映画館で見なくて良かった。

この手のものは評価が極端に分かれるところだと思うが、
私の手ごたえとしては、完全に期待外れとしか言いようがなかった。
唯一マシだったのが、MSの絵が一部非常に良く描かれている部分がある、という程度。

ストーリーはと言えばキャラクターの行動には何の脈絡も必然性もなく、
「脈絡は各自で察しろよ」と言わんばかりの展開が続く。
TV版を見ているから、それと比べてしまうから失望感が大きい、、、
という次元の問題でもないような気がする。

「新訳」とのことだが、最終的には話をどうまとめていくつもりなのだろうか?
いずれにしても、根本的にはハッピーエンドになるような物語でもないと思うのだが。

-----

と、ここまで書いて思ったのは、エヴァンゲリオンの最終話の時のように、
TV版のように得体の知れないまま終わるほうが、変に凝った事をしようとした劇場版より
良作だと思えるような事になるんじゃないか・・・ということだ。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-06 21:04 | Daily
そろそろ遅霜の心配もなくなってきたので、今年も畑作業をはじめる事にした。

まずは、鍬で土起こし。
今日はここまで。

この畑を作ってから5年目になる。
最初は固くしかも石も多い土だったので
鍬ではなくて、ツルハシを使わないと耕せなかったのが、
今では鍬で普通に耕せるようになってきた。
最初の頃と比べると、野菜の根もしっかり張るようになってきているので、
土が順に良くなってきていることを実感している。

明日にでも、野菜の苗を買いに行く予定。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-05 19:38 | Daily
パスタ・エクスプレス
TVの通販で見かけたこの品物。
パスタ・エクスプレス

この宣伝どおりの品物だったら本当に凄い。凄すぎる・・・と思ったのだが、
やっぱ、お湯を注ぐだけでパスタが茹でられるってのは無理がないか?
日本直販のサイトを見ると、、、ますますインチキくさい。

しかし・・・気になる。もし、万が一本当に使い物になれば・・・。

となると、こういうときに頼りになるのは、ネットの口コミ情報。
検索した結果・・・。

gears blog

大人な女の生きる道

と、まぁ、酷評のオンパレード。
やはり、どう考えても無理だよなぁ。
クッキングシャトルならともかく、この程度の保温力でパスタが茹でられるはずがない。
もし、これが本当に使えるものだったらキャンプとかで便利だと思う。

-----
おまけ。
本場アメリカの公式サイト。
http://pastaexpress.tv/

余談
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-04 20:21 | Daily
芹谷屏風岩('06 3rd-Stage)
先日に引き続いて芹谷屏風岩でクライミング。
こんなに短期間に連続して岩を触る機会なんて滅多にないので、
とにかく何でもいいから登ってやる、という気構えで出発。
今日のメンバーは、ケンゾーさん、ウッチーにみっちゃん。
3人とも目標ルートを持っているので、気合十分。
しかも、岩の状態、気温ともに最高のコンディション。

定番の「ラ・バンバ」でのウォームアップの後、
「ムササビ小僧(5.11c)」に取り付く。
オンサイトトライは、肩に力が入りすぎて失敗。
2トライ目でテンションを交えつつ、何とか上まで抜ける。
ルート自体は短く、ボルダー的要素が強い感じた。
ホールドの掛かりは良いのだが、傾斜が結構ある事と
バランスが不安定なので、うまく登れなかった。
これをX-wallで再現するなら、「やや長めの青課題」になると思う。
次に機会があればRPしたいところだ。

昼過ぎに、小屏風岩に移動。
トラバース道はザレていて、非常に不安定。

左端の「ブラボー(5.10a/b)」に取り付くが、
ライン取りが悪かったのか、ボルト位置が悪いのか、
出だしが今ひとつスッキリしかったものの登りきる。

続けて、「ボーイズマインド(5.11a)」にトライ。
「ラ・バンバ」「舞姫」と、5.11台のオンサイトを逃しているので、
ここは気合を入れてオンサイトしたかった。
・・・が、終了点に着いてみれば「イレブンってこんなに易しかったっけ?」という感じで、
ビレイをしてくれたみっちゃんからも、
「右のクラックは使わないかもしれない・・・」という指摘が。

・・・うーむ。
今度、開拓した人に確認するまで、この件は保留ということで・・・。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-03 00:00 | Climbing
サプリメント到着
4/27にPapaNatureに発注(個人輸入))したサプリメントが到着。
d0052538_218642.gif

前列左から順に
・ガルシニア
・アルギニン+オルニシン
・マルチビタミン&ミネラル
・ZMA
・タウリン
・α-リポ酸
・コエンザイムQ10
後列は、左がグルタミン、右がBCAA

全部で$142.24、送料が$37.80。
[PR]
# by climberkitune | 2006-05-02 21:14 | Daily
芹谷屏風岩('06 2nd-Stage)
昨日に引き続いて、芹谷へ。
本日のメンバーは昨日の2人に加えて、ウッチー、"武勇伝の人"ケンゾーさん。

とは言っても、私とタニシ君は昨日のトライで燃え尽き気味で、やや抜け殻。
私はラ・バンバを登って、あとは気分を撮影モードに切り替える。
タニシ君は、「ミステリアス(5.12b/c)」に手を出して、思いっきり凹。
ケンゾーさんは「デッドライン」、ウッチーは「ラ・バンバ」にトライするも、
RPには至らず、やや空気が沈みかけていたとき・・・。
昨日も来ていた、広島からの遠征組の人が、「デッドライン」のフラッシュに成功。
場が一気に盛り上がった。

しかし残念ながらこの日は、メンバーが誰もRPを出せず、終了。

帰途、垂井にある焼肉屋で夕食。これは美味かった。
[PR]
# by climberkitune | 2006-04-30 00:00 | Climbing
芹谷屏風岩('06 1st-Stage)

前日まで天気に不安があったものの、朝起きてみるとキッチリ晴れ。
タニシ君と彦根の芹谷屏風岩に向かう。

ここは石灰岩で、傾斜が85~120°、テクニカルなルートが多い感じのエリアらしい。
石灰岩はかなり苦手な岩質で、これまでにもあまり触っていないのだが、
今回は7,8年ぶりに石灰岩のルートにチャレンジすることにした。

GW前半の初日という事もあってか思ったより人が多く、総勢で20人近くいたと思う。
その中には、滋賀の"伝説のクライマー"奥村さんや、広島からの遠征組もいた。

まずは、芹谷の定番ルート「ラ・バンバ(5.11a)」に取り付く。
3本目のクリップポイントを逃してしまい、痛恨のフォール。
オンサイト失敗。2回目のトライでRPに成功。

続いては、「舞姫(5.11a/b)」を目標にする。
先の「ラ・バンバ」からカンテを右に出ていく所でハマり、テンション。
さらに、右に分かれてすぐのところで右に行き過ぎて、
ムーブ、あるいはライン取りが掴めず、大いにハマり戦意喪失。
3ピン目でロワーダウン。
2トライ目は腕もモチベーションも十分に回復していなかったものの、
とにかく上に抜けるか、あるいは回収するかしようと思って気軽に取り付く。
1回目では散々苦労した部分を意外なほどアッサリと通過できたので、
急遽、慎重モードに移行。はた迷惑なほど粘ってRP成功。

私の成果はここまでだが、この日の他の成果。

一つは、タニシ君が見事な集中力と粘りで「デッドライン(5.12c)をRP。
おめでとう。

もう一つは、伝説のクライマー奥村氏が新ルートにトライするのを目撃。(下の写真)
まず、下部は「マシラ(5.12a)」を登って、そのまま上の大ハングのリップの上を
ひたすら左端まで行き、最後に上に抜けるというラインで、
ロワーダウンには70mロープが必要、ロワーダウンすると着地地点は「デッドライン」の
取り付きよりもさらに谷側というとんでもないシロモノ。
5.13ノーマルはあるんじゃないか、といわれていた。
d0052538_13195020.gif

[PR]
# by climberkitune | 2006-04-29 00:00 | Climbing



日常生活の断片
by climberkitune
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31