2004年 09月 23日 ( 1 )
『人間にとって科学とは何か』
d0052538_2248184.jpg『人間にとって科学とは何か』
湯川秀樹、梅棹忠夫(1967、中央公論社)

ともに著名な物理学者と人類学者の対談。
当時の世界トップクラスの科学者が必ずしも科学は万能ではない、という視点で語っているのが面白い。

大学に入って科学を学ぶという事が、
科学を推進させるという意欲ではなく、
ルーチン化された科学をやることになるのではないか、
という意見が非常に印象的だった。
[PR]
by climberkitune | 2004-09-23 00:00 | Books



日常生活の断片
by climberkitune